// マスタリーの汎用的な構成例

マスタリーの汎用的な構成例

目次

1.ADC
2.ジャングラー
3.ミッド、トップ
4.サポート

Season6のマスタリー紹介と汎用マスタリー構成作成について

Season6開始時のRankedのマスタリーの統計(gold以上程度)を参考とした汎用マスタリー構成例。
各ツリーの最上位(最下段)のマスタリーとChanpionとの相性が強く影響するので、使用されるマスタリーが多様化した。
そのため、使用するchampionが多いと、Champion毎に試合前に振り替える必要がでてきた。
以下の汎用マスタリー構成例は、各ツリーの最上位のマスタリーを試合前に振りなおす前提で作成した。

2016-01-25記述
特にSeason6での大きな変更となった各ツリーの最上位のMasteryについて簡単に説明する。
現状は、Cunning最上位(中央)のThunderlord's Decreeが1強で、Roleに関係なくCunningに18振る人が多い。
Thunderlordに対抗できそうなのが、top laneでのResolve最上位(左端)のGrasp of the Undying、tankyなsupportのResolve最上位(右端)のBond of Stone、junglerのResolve最上位(中央)のStrength of the Aegis。
Kog'MawやMaster Yi、Kayleなどの敵に多く通常攻撃できるchampionでは、Ferocity最上位(中央)Fervor of Battleをとる人がいる。
JannaやSorakaなどは、ヒールやシールドが強化できるため、Cunning最上位(右端)のWindspeaker's Blessingをとる人がい多い。
新マスタリー実装当初は、ADCでFerocity最上位(中央)Fervor of Battleをとる人が多かったが、nerfとThunderloadが注目されたためとる人はあまり多くない。

チャンピオン別マスタリーに関しては個別のビルドガイドから確認できる。

ADC(Marksman)のマスタリー

adc 12-18-0

Ferocity(12)

Cunning(18)

Resolve(0)

adc 18-12-0 WB

Ferocity(18)

Cunning(12)

Resolve(0)

adc 18-12-0 FoB

Ferocity(18)

Cunning(12)

Resolve(0)

ジャングラーのマスタリー

jg-ad 18-12-0

Ferocity(18)

Cunning(12)

Resolve(0)

jg-ad 12-18-0

Ferocity(12)

Cunning(18)

Resolve(0)

jg-ad 12-0-18

Ferocity(12)

Cunning(0)

Resolve(18)

jg-ap 12-18-0

Ferocity(12)

Cunning(18)

Resolve(0)

jg-com 0-18-12

Ferocity(0)

Cunning(18)

Resolve(12)

jg-com 0-12-18

Ferocity(0)

Cunning(12)

Resolve(18)

ミッド、トップのマスタリー

ln-ap 18-12-0

Ferocity(18)

Cunning(12)

Resolve(0)

ln-ap 18-0-12

Ferocity(18)

Cunning(0)

Resolve(12)

ln-ap 12-18-0

Ferocity(12)

Cunning(18)

Resolve(0)

ln-ad 18-12-0

Ferocity(18)

Cunning(12)

Resolve(0)

ln-ad 18-0-12

Ferocity(18)

Cunning(0)

Resolve(12)

ln-ad 12-18-0

Ferocity(12)

Cunning(18)

Resolve(0)

ln-ad 12-0-18

Ferocity(12)

Cunning(0)

Resolve(18)

ln-com 0-18-12

Ferocity(0)

Cunning(18)

Resolve(12)

サポートのマスタリー

Sup 0-12-18

Ferocity(0)

Cunning(12)

Resolve(18)

Sup 0-18-12 TD

Ferocity(0)

Cunning(18)

Resolve(12)

Sup 0-18-12 WB

Ferocity(0)

Cunning(18)

Resolve(12)


このエントリーをはてなブックマークに追加
copyright (C) LoL博物館